子テーマの作成-WordPressのカスタマイズ

子テーマとは

子テーマとは、カスタマイズしたいテーマの「-child」フォルダのことです。カスタマイズは「-child」フォルダを作成し、それに対して変更を加えていきます。

僕が今回カスタマイズするテーマはwordpressのデフォルトテーマTwenty Seventeenですので、その子テーマとなる「twentyseventeen-child」というフォルダが子テーマとなります。

子テーマの作成 ffftp

子テーマのメリット

(カスタマイズの保存)
親テーマのデータを直接変更してカスタマイズしていた場合、テーマのアップデートを行うとデータは上書きされ、カスタマイズが初期化されてしまいます。しかし、子テーマにはアップデートの影響がないためカスタマイズのデータが失われることはありません。

(テーマデータのバックアップ)
子テーマによりテーマのレイアウトを変更することで、親テーマのデータを初期状態のまま保存しておくことができます。

子テーマの作成

FFFTPのFTPS接続により作成します。⇒【FFFTPによる子テーマ作成の準備(WPblog)】

  1. FFFTPを開き接続をクリックする。
  2. 右側サーバー内の「themes」を開く。
  3. 余白で右クリックによりフォルダ作成を選択する。
  4. カスタマイズしたいテーマ(今回はTwenty Seventeen)の子テーマフォルダ「twentyseventeen-child」を作成する。
    (※フォルダ名には空白を入れない。)

子テーマの作成 ffftp

スポンサーリンク

子テーマ内にstyle.cssを作成する

  1. メモ帳などで以下のコードを入力した「style.css」を作成します。

Theme Name : テーマ名(外観設定時に表示されます)
Template    : 親テーマのフォルダ名

(style.css作成例)

子テーマの作成 ffftp

  1. FFFTPにより子テーマフォルダの「twentyseventeen-child」内に、「style.css」をドラッグ&ドロップして完了です。

子テーマの作成 ffftp

子テーマ内にfunctions.phpを作成する

  1. メモ帳などで以下のコードを入力した「functions.php」を作成します。コードはそのままコピーで大丈夫です。

(functions.php作成例)

子テーマの作成 ffftp

  1. FFFTPにより子テーマフォルダの「twentyseventeen-child」内に、「functions.php」をドラッグ&ドロップして完了です。

子テーマの作成 ffftp

テーマを子テーマに変更する

管理画面の左サイドバーから「外観」⇒「テーマ」を選択し子テーマを有効化します。現時点では子テーマの「style.css」に何も記述していないので元のテーマと同じレイアウトが表示されます。

子テーマの作成 ffftp

以上で子テーマの作成が完了し、カスタマイズする準備ができました。今は、どんな感じにカスタマイズするか考えるのが楽しいです。

カスタマイズのまとめページはこちら⇒『テーマ Twenty Seventeen を使ってブログをカスタマイズ(目次)』

シェアしてください!お願いしますorz

スポンサーリンク
クリックコメントを閉じる

“子テーマの作成-WordPressのカスタマイズ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください